Column
保育士をめざすなら知っておきたい基礎知識! 仕事内容・幼稚園教諭とのちがい・資格の取得方法など
保育士の「キャリアアップ・転職」
2021/10/29

保育士をめざすなら知っておきたい基礎知識! 仕事内容・幼稚園教諭とのちがい・資格の取得方法など

ちがう業界からの転職を考えている方や、子育てがひと段落して新しいことに挑戦しようとする方にもおすすめの保育士資格。

 

その魅力は、なんといっても一生ものの国家資格であること。

 

慢性的な保育士不足などによって、ますます需要が高まっていることも注目ポイントです。

 

そんな保育士の仕事や資格の取得方法について説明しますので、これから資格の取得を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

—————————-

 

 

保育士ってどんなことをするの?

 

 

 

保育の対象となるのは0~6歳の未就学児で、食事やおトイレといった身のまわりのお世話をはじめ、お散歩や外遊び、お遊戯、読み聞かせなどをします。

 

一人ひとりの個性を尊重しながら、子どもたちの社会性を育むことも大事なお仕事。

 

さらに保育時間中はケガや事故のないよう常に見守らなければならず、とても大きな責任を伴います。

 

その一方で、未来を担う沢山の子どもたちの成長に携わって、間近で見守っていける他にはない素敵なお仕事でもありますね。

 

 

保育士ってどんなことをするの?

保育士ってどんなことをするの?

 

 

—————————-

 

 

保育士と幼稚園教諭のちがいとは?

 

 

 

「未就学の子どもを預かる」という点で同じと思われがちな幼稚園教諭ですが、保育士とのちがいをご存じでしょうか?

 

 

★そもそも必要な資格がちがう

 

幼稚園教諭資格を取得するには、幼稚園教諭養成課程のある大学院、大学、短大などを卒業しなければなりません。

 

また、保育士資格に有効期間はありませんが、教員免許である幼稚園教諭資格には有効期間があり、免許状更新講習の受講・修了が義務づけられています。

 

 

★対象年齢と預かり時間がちがう

 

幼稚園教諭が接するのは基本的に3~6歳、保育士は0~6歳まで保育を行うことができます。

 

また、預かり時間も幼稚園が4時間程度であるのに対し、保育施設は10時間前後とかなり長くなっています。

 

 

★お休みのちがい

 

幼稚園には夏休みなどの長期休暇がありますが、保育園には年末年始の他に長期休暇がなく、勤務もシフト制である場合がほとんど。

 

 

保育士と幼稚園教諭のちがいとは?

保育士と幼稚園教諭のちがいとは?

 

 

—————————-

 

 

保育士資格の取得方法は2パターン

 

 

 

★パターン1/保育士養成学校を卒業する

 

厚生労働大臣が指定する養成学校(専門学校、短大・4年制大学)に進学する方法。

 

所定の科目・課程を履修すれば、卒業と同時に保育士資格が取得できます。

 

養成学校の受験資格は学校によってちがいますが、多くは高校卒業以上の学歴が必要です。

 

 

★パターン2/保育士試験に合格する

 

独学で勉強したり通信講座などを受講したりして、保育士試験に合格して保育士資格を取得する方法。

 

ただし保育士試験を受験するためには、下記のいずれかの条件を満たしている必要があります。

 

【条件①】

1991(平成3)年3月31日までに高校を卒業している場合

 

【条件②】

1996(平成8)年3月31日までに高校の保育科を卒業している場合

 

【条件③】

児童福祉法第7条に基づく保育園や児童養護施設などで一定の勤務経験がある場合

 

 

—————————-

 

 

まとめ

 

 

 

保育士について基本のお仕事内容から資格の取得方法まで簡単にまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

 

より深い内容については今後も別記事などで取り上げて、ご紹介していけたらと思っています。

 

 

子どもの大切な成長時期に深く関わることで、大きなやりがいや誇りを感じることができる保育士の仕事。

 

需要が高まっていること、そして一生ものの資格であることも大きな魅力ですよね。今回の記事で少しでも保育士という素敵なお仕事に興味をもっていただけたら幸いです。

 

当社では自分らしく働きたい方を応援しています。

 

実際に保育士を目指している方や資格は持っているけれど経験が無い方で、今後の働く場所についてのお悩みなどご相談はいつでもお気軽に当社までご連絡ください。

sacaso保育では、日々の保育のお仕事に役立つアイデアや、就職や転職情報などもお伝えしています。また、安心して就業していただくために、入職後も対面・WEB面談・電話でのサポートを実施いたします。sacaso保育にお気軽にご相談ください!転職や保育士求人に関する情報は、ぜひsacaso保育よりお探しください。

保育士求人紹介サービスsacaso保育のコラム編集部です。
sacaso保育は、関西・関東を中心に保育施設(42施設)・放課後事業(144施設)を運営する株式会社SERIOが運営しています。
保育士の皆様のお仕事に役立つような有益な情報を発信することを目的に、コラムで情報発信をしています。
sacaso保育WEBサイトはこちら
https://www.hoiku.sacaso.jp/